Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/koo3763/public_html/voice/index.php on line 2
CHEMISTRY音域リスト一覧 | hi-voice

CHEMISTRY音域リスト一覧

音域リスト一覧

曲名 地底 地高 裏高 fake
FLOATIN'mid1Bmid2G#
-
Here I ammid1EhiDhiG#
-
It Takes Twomid1F#hiC
※hiCは計1回。
Life goes on〜side K〜mid1Bmid2GhiA
※mid2Gとmid2F#がサビで頻出,特にmid2F#は多用。
曲名 地底 地高 裏高 fake
Life goes on~side K~mid1Bmid2GhiA
My Gift to YouhiA#hiC
堂珍パートのサビで高音連発。
PIECES OF A DREAMmid1DhiAhiB
-
Periodmid1EhiB
※転調でキーが2個上がる。 hiBは計1回。
Point of No Returnmid1Bmid2G#hiB
-
曲名 地底 地高 裏高 fake
Rewindmid1A#hiB
※ラスサビの転調でキーが1個上がる。 hiBはラスサビで1回。 ※転調前はmid2G#と連発mid2Fがメイン。 低音はmid1A#が頻出。
SOLID DREAMmid1Bmid2F#mid2G
-
STILL ECHOmid1EhiA
※hiAはCメロで1回。 サビの要はmid2Gとmid2E。
So in Vainmid1A#mid2G#mid2G#
※mid2G#は計3回。
TWOlowDhiAhiG#
※hiAは計1回(Cメロ)。
曲名 地底 地高 裏高 fake
This Nightmid1AhiAhiEhiF#
-
Top of the Worldmid1Fmid2G
-
Usmid1BhiA#hiA#hiD#
-
Wings of Wordsmid1EhiChiC
-
You Go Your WaylowG#mid2F#
-
曲名 地底 地高 裏高 fake
almost in lovemid1DhiA#hiChiF
※hiA#は計1回。
deep inside of youmid1Cmid2G#hiA#
※mid2Fがロングトーン含み使用回数が多く、特にサビで超連発。
for...mid1BhiC#hiD
-
mirage in bluemid1ChiAhiA#
-
いとしい人mid1C#hiBhiC#
※hiBは計1回。
曲名 地底 地高 裏高 fake
アシタヘカエルmid1Amid2FhiC
-
キミがいるlowG#hiA#hiC
※hiA#は計6回。
クリスマスローズmid1C#hiAhiChiG
-
ココロノドアmid1Cmid2GhiA
-
チャイムmid1Emid2G#mid2G#
-
曲名 地底 地高 裏高 fake
合鍵mid1DhiA#hiA#
君のキスmid1Dmid2G#hiA#
※転調でキーが1個上がる。 転調前はmid2Gまで。
君をさがしてたmid1C#hiC
-
恋する雪 愛する空mid1BhiAhiA
※サビの要はhiA,mid2G(頻出),mid2F#(頻出)。 メロはmid2F#まで。
愛しすぎてmid1EhiChiE
※hiCは計1回。 Fake:裏:hiE※6:55秒付近。 Fake:地:hiC※5:18秒付近。
曲名 地底 地高 裏高 fake
最後の夜mid1GhiA
-
最期の川lowG#hiA#hiBhiF
※hiA#は計1回(ラスサビ)。
白の吐息mid1A#hiB
※hiBは計1回。
砂の扉mid1BhiAhiB
※ラスサビの転調でキーが1個上がる。
空の奇跡mid1DhiA#hiG
※hiA#は計3回。
曲名 地底 地高 裏高 fake
約束の場所mid1ChiB
赤い雲 白い星mid1EhiAhiC
-
輝く夜mid1DhiBhiC
※転調前のサビはmid2Eとmid2Fのコンボ。
遠影 feat. John Legendmid1ChiA#hiD#hiF#
-

アーティスト概要

CHEMISTRY(ケミストリー)は、日本、男性ツインボーカルユニット。所属レーベルはデフスターレコーズ。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。公式ファンクラブ名は「chemistryclub」である。テレビ朝日、オーディション番組『ASAYAN』(当時司会、ナインティナイン、中山エミリ)も行なった男性ヴォーカリストオーディションで贈られるた2人によって結成。2人、声も「音楽的化学反応」を引き起こす事を期待して、21世紀初日、2001年1月1日にアメリカで松尾潔から「CHEMISTRY」と名付けた事を知らされるた。